納得できる介護士の職場を探す方法とは?

その施設、人間関係は上手くいってる?

どんな仕事でも、人間関係は続けていく上で重要な要素ですよね。介護職は特に、その傾向が強く出ています。理由としてはやはり、チームでケアに当たることが多いこと。そのため人間関係が上手くいかないと、利用者さまに対するケアも十分にならず、不完全燃焼感が生まれてしまいます。
そうならないためにも、人間関係の良好な職場を選ぶようにしましょう。そのための方法として、まずは就業面接時に必ず働く現場を一通り見せてもらうことです。できれば半日だけでも体験就業をさせてもらえばよりよいでしょう。その際に、職員同士で注意ができているかをみてみましょう。表面的な人間関係がよい施設では間違ったケアをしていても、関係を壊すのが怖いため、誰も注意しないことがあります。あえて間違ったケアをしてみて、きちんと注意してもらえるかを確かめるのもよいでしょう。

組織のビジョンは浸透しているか?

全員がひとつのビジョンを共有しているかも、職場を選ぶ際の大切なポイントだといえるでしょう。目指しているものがバラバラだと、人によってやっていることが違い、結果がついてきません。そのような職場に入ってしまうと、先輩によって言っていることが異なり、悩むはめになります。
では、ビジョンが共有されているかはどうすればわかるでしょう?就業前にわかる一番簡単な方法は、現場で働いている人2,3人に、「御社の企業理念はなんですか?」とたずねることです。答えられないのは問題外ですよね。答えられた場合、「それはどういった意味ですか?」と深く質問してみましょう。どのように解釈しているか、その解釈がどの程度共通しているかで、組織のビジョンが共有されているかが、よくわかりますよ。